AzurePaaS研究サイト

AzurePaaS研究サイト

~理解しずらい情報をシンプルにお伝えします~

Azureのプレビュー版とGA版の違い・SLAとは

最終更新日.2022/05/26

 

まえがき

Microsoft社は、Azureの「プロダクト」または「プロダクトの機能」がそれぞれプレビュー版なのかGA版なのかを明確に区別して扱っていますので、皆さんもそれを理解・意識してAzureを利用していただくために、この当記事を見ていただければと思います。

プレビューとGAの違い

プレビューとは

プレビューとは、Azureの「プロダクト」または「プロダクトの機能」が正式公開(GA)していない、完成前のお試し期間の状態です。
 
以下のことを理解して利用する必要があります。

・サービスレベル契約(SLA)の対象とはならない
・GAされる日程が決まっていないこともある
・ずっとGAされない可能性もある
・プレビュー版を使っている途中でも予告なくサービス停止してしまう可能性もある
 
以上のことから、本番環境・本番運用での利用は推奨されていません。
※要するに、本番環境で使うのは勝手だけど問題が起きてもMicrosoftは責任取れませんよ、文句言わないでくださいね。ということです。
 
 
ちなみに、プレビュー版でもAzure有償サポートに問い合わせて、支援してもらうことはできます。
 
 
 

Azure公式ドキュメント

 
Microsoft Azure プレビューの追加使用条件
azure.microsoft.com

※抜粋1:サービス レベル契約および限定的保証の対象とはなりません。プレビューは、カスタマーサポートの対象とならないことがあります。
※抜粋2:マイクロソフトは、随時予告なくプレビューを変更または中止することがあります。また、プレビューを「一般向け提供製品」でリリースしないことを選択する場合もあります。
 
 
Azure サポートに関する FAQ(プレビュー (ベータ) 版のサービスや機能はどのようなものですか?)
azure.microsoft.com

※抜粋1:Microsoftでは、フィードバック収集や評価の目的でAzureのプレビューやベータ、その他のリリース前の機能、サービス、ソフトウェア、リージョンにアクセスできるようにすることがあります。
 

GAとは

GAとは、Azureのプロダクトまたはプロダクトの機能が正式公開された状態のことです。
 
Azureの「プロダクト」または「プロダクトの機能」は、おおむねの開発が終わると一旦プレビュー公開されて、ひと通りの機能改善やバグ修正が終わるとGAされます。GAされると一旦完成した状態になっているので、安心してシステムの本番環境で使用できます。
 
それぞれのプロダクトについて、
・ 何ができるのか
・ どういう応用が効くのか
・ 料金プランごとにどういう仕組みで動いているのか
などを把握して、メリット・デメリットを考えながら使用してください。
 

Azure公式ドキュメント

例えば、(2021年6月現在)最近GAされたプロダクトでいうと、AzureStaticWebAppsが公開されましたね。(公開情報

 

SLA (Service Level Agreement)

SLAとは

 
SLAとは、Service Level Agreement の略称です。
要するに、Microsoft社とAzureユーザとの契約・約束です。

Microsoftが、Azureの各プロダクトを稼働率 99.9% 保証します!
例えば 99.9% だとすると、100 時間稼働すると合計 5 ~ 10 分程度は、メンテナンス等で使えない時間がある場合があるということです。そして、この例の場合 Azure プラットフォーム側の瑕疵で 100時間のうち 10 分以上稼働が止まってしまった場合は、払い戻しをしてもらえる可能性が出てきます。ただ、払い戻し対象になるかの考え方・計算方法はそんなに単純ではないので、とりあえずMicrosoftに問合せてみるしかないと思います。

Azure公式ドキュメント

各プロダクトの SLA 一覧

azure.microsoft.com

App Service の SLA

azure.microsoft.com

Functions の SLA

azure.microsoft.com

 

以上です。
 

ご意見・ご要望はこちらへ