Microsoft Azure 研究サイト

Microsoft Azureを学んで、仕事に活用するサイト

Azure のリソースグループを詳しく説明します

Azure のリソースグループとは

 
サブスクリプションの中に複数登録・存在するもの。

・ "本番用" のリソースグループ
・ "試験用" のリソースグループ
・ "機能A用" のリソースグループ
・ "機能B用" のリソースグループ
 
というように、各プロジェクトで決めた、まとまりごとにリソースを整理できます。
 
名前は "日本語" にもできますが、この記事のようなことがあるので、名前を決める際はすべて "英名" が推奨です。
リソース名が、サーバのパス上に使われる可能性があるため、日本語は控えた方がよいという話です。
 

リソースグループの留意点(既存のリソースグループが適用しない場合にエラー発生)

 
 
 
{'code':'InvalidTemplateDeployment','message':'テンプレート デプロイ 'Microsoft.Web-FunctionApp-Portal-(省略)' は、検証プロシージャによって無効と判断されました。追跡 ID は '(省略)' です。詳細については、内部エラーを参照してください。','details':[{'code':'ValidationForResourceFailed','message':'Validation failed for a resource. Check 'Error.Details[0]' for more information.','details':[{'code':'LinuxWorkersNotAllowedInResourceGroup','message':'Linux workers are not available in resource group rd-cloudevents-rg. Use this link to learn more https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=(省略)'}]}]}
 
 
作成されようとした関数アプリの内容がお選びいただいたリソースグループのスタンプでは対応できない場合に、エラーが発生します。スケールユニットのスタンプは、App Service プランを最初にデプロイした時点で、リソースグループとリージョンの組み合わせにより決定されます。
 
関数アプリを作成される際に、App Service プランがまだ作成されていない別のリソースグループを選択するか、新規リソースグループを作成すると、作成されようとしている関数アプリに合うスタンプが割り当てられ、当事象のエラーは発生しなくなります。
 
 

リソースグループの留意点(AppService パスマッピングで Storage アカウントがマウントできない)

 
 
 
マウント手順は正しいのに、ls コマンドで確認しても、マウントしたStorageが表示されない(マウントされない)という事象が発生したことがある。 この原因としては、リソースグループ名が、英名ではなく和名で作っていた。
リソースグループは、和名で作ることができて、和名で作成してもマウント設定などしなければ正常に動作します。和名だと、なぜマウントするとエラーになるかというと、マウントする際に "az" コマンドを実行するので、その際に「日本語」が入っているとうまく動作してくれないんだと思います。
 
こちらの対策としては、リソースグループ名はすべて英名で作成すること、になります。
 
 
以上です。