Azure Portal サイト

クラウドサービスの Azureを学んで、仕事に活用するサイト

成増の現場紹介

成増の Azure サポート業務

 
(全体的に書き途中なので、要望あれば教えてください)  
 
 
f:id:nanacy7741:20200914115302p:plain  
 

業務内容

 

  • BtoB業務であり、システム開発現場の方からAzureの問合せがきます

  • お客様対応をメールや電話で行う

  • いただいたご質問を技術リーダーと相談の上、回答を作る

  • 回答の裏付けをとるために社内 Azure 環境で検証する

  • 調査した内容をメール文章にまとめる

 

現場で得られるスキル・経験

 

  • MS業務の経験を書ける

  • 今後サポート業務につけるようになり仕事の幅が広がる

 

1日の流れ

 
09:00 朝会で(営業時間開始)
09:15 当日のお客様とのお約束を確認
09:20 ご報告後に連絡がない場合の催促連絡
10:00 当日入ってきた新規お問合せ対応
 
12:00 休憩(休憩を取る時間は自由)
 
13:00 お客様に回答をご報告、お客様からのご連絡に応答
17:30 営業時間終了
17:30 翌日のお客様とのお約束の準備
18:00 定時(作業が終わらない場合は残業)


 

PaaS TL が考える現場で必要とされる3大要素

 
 

IT技術

MS は オンプレ開発からクラウド開発に舵を切りました。
オンプレ開発では、各社のデータセンターに物理サーバを設置・管理する必要があるので、コロナ渦では向きません。Azure であれば、インターネットがつながっていれば(在宅ワークでも)オンプレで作っていたシステム構成を構築できてしまいます。

忍耐強さ

・お客様にどう返事を返すべきかわからない
・どう調査して良いかわからない
・検証方法がわからない
を周りのメンバーと相談しながら解決していける調整力が必要です。
 
ただし、成増では、先輩エンジニア・技術リーダー・MS プロパーの方々に質問できる環境が整ってます。
慣れてきたら、少しずつご自身で自己解決できる件数が増えるよう、学習していただく必要はあります。
 
 

お客様目線

 
こちらも、どの現場でも必要なスキルの一つと考えています。
システム開発現場でいうお客様とは、システム開発の依頼者だけではありません。
 
例えば、チームリーダーからすると、技術リーダーとメンバーもお客様です。
技術リーダーからすると、チームリーダーとメンバーもお客様です。
仕事で関わっている相手に必要とされるような、仕事をする必要があります。
 
 
 

メンバーの声(Q&A)

 
 

f:id:nanacy7741:20200914200225p:plain
2020年5月参画:里(メンズ、インドカレー)

 

この現場で何を学べていますか?

 

● Azureの仕組みを学べる
● お客様とのコミュニケーション力や日本語力
● 海外開発部隊とのコミュニケーション力
● この先需要が見込める、クラウドコンピューティングの分野に長けることが出来る
● メールのやり取りから相手の心情を汲み取り、相手の望みを文面から感じ取れるようになる
● 現地語が異なる海外の人と、テキストベース(機械翻訳を活かしながら)でのコミュニケーションに長けることが出来る
 
 

大変と感じることは何ですか?

 

  • 複数の問い合わせを同時に管理する時
  • お客様との連絡に追われて、別のお問い合わせの検証や調査を実施できない時、または、何も情報が出ない時  
  • サポート観点でお客様へ送信する案内文を作成する時
     
    (それを乗り越えるとどうなるのか)
  • 複数のタスクを同時並行でこなすための管理能力が向上(自分自身のパフォーマンスが向上)
  • 適材適所で周りの方に協力を仰ぐために、対人コミュニケーション力が向上(現場で生き抜くための力)
  • 日本語の言葉選び、表現の仕方、文章の体裁と向き合うことで、メールや電話でのクライアントとの適切な接し方を会得できる
     
     

    どんな時やりがいを感じますか?

     
    楽しく感じるとき、達成感はどんなときか?

  • 対応をしたお客様から感謝の言葉をいただいた時

  • お客様にご案内できるまで Azure リソースを使用した検証や調査を、やり切れた時
  • QoSのスコアに繋がった時

どのようなキャリアプランを作れると感じてますか

  • エンジニア
    Azure を使用する業務で活躍できる 

  • 技術リーダー
    Azure を使用するだけではなく、技術的な面でも活躍できる(一般的にITで言うTL相当の役職を担える) 

  • チームリーダー
    Azure の専門的な知識よりも、十数人の業務を管理し把握することできる。また、業務改善の発案や試行する力も必要である。(一般的にITで言うPM相当の役職を担える) 

  • トレーナー
    新人が一人立ちするまでの教育や、問い合わせの検証や調査で行き詰ったところを的確にフォローに入ることができる(仕事の向き合い方や意識の持ち方から、技術面も求められる) 

 

金森コメント

もっと業務、内容を具体的に落とし込むといいかも
 
例えば ↓ どんなチームで何人いて何をどのように進めていくのか
 
何が成長につながるのか?
 
何を得られるのか?
それを得るとどうなるのか?
 
大変なことは何か?
それを乗り越えるとどうなるのか?
 
やりがいは何か?
 
楽しく感じるとき
達成感はどんなときか?
 
どのようにスキルアップ、キャリアプランを作れるか
 
など