AzurePaaS研究サイト

~理解しずらい情報をシンプルにお伝えします~

AppService/Functions のアプリケーションがエラー発生時の対処方法(再起動以外)

正常動作していたアプリケーションがエラー発生するようになった場合

Azure プラットフォームインスタンスごと、に調子が良い・調子が悪いというのはあります。
 
・なんかエラーが発生する
・前まで正常に動作していたのになぜかエラーになるようになった
 
こういった場合、インスタンスを変更すると調子が悪かったインスタンスから調子が良いインスタンスで動作してくれる可能性がありますのでお試しください。

利用しているAppServiceプランをスケールアップしたあとに、スケールダウンを行うと・・・
Azure プラットフォーム側で何がどうなるのかを説明します。
 

インスタンス変更

 
アプリケーションが動作している(WebWorker で使用している)インスタンスが変更されます。  
(インスタンスが変更されない場合もあります。)  

送信 IP 変更

 
アプリケーションから通信を送出する際の送信 IP アドレスが変更されます。
(送信 IP が変更されない場合もあります。)
 
なぜインスタンスが変更されるかというと、スタンプが変更された場合に、送信 IP アドレスも変更されるということです。
 
   

具体的な手順

1.Azure ポータル画面にて、該当の "AppServiceプラン" または "AppService" を表示
2.[スケール アップ] を選択し、価格レベル変更ページを表示
3.価格レベルを変更し、[適用] する。例)EP1 から EP2 に変更
4.適用完了後、元の価格レベルに戻して[適用]する。例)EP2 から EP1 に変更
 
「スケールアップ」から「スケールダウン」を短い期間で行うことで、コストを最小限に抑えることが可能です。
 
 
公開情報にはこう書かれています。
 

docs.microsoft.com

〓〓〓 抜粋 〓〓〓
送信 IP アドレスを意図的に変更するには、次のようにします。
App Service プランの価格レベルを Standard から上げるか、または Premium v2 から下げます。
10 分間待ちます。
最初の価格レベルに戻します。
〓〓〓 抜粋 〓〓〓
 

本番稼働中のシステムをスケールアップダウンするとどうなってしまうのか

スケールアップまたはダウンを行うと、直前までに受付けていたリクエストは旧インスタンスで処理されます。
そして、旧インスタンスで受付けていなかったリクエストは新インスタンスで処理されます。
基本的には、クライアント等から送られてきた全てのリクエストを処理してくれます。
 
以上です。
 

ご意見・ご要望はこちらへ