AzurePaaS研究サイト

~理解しずらい情報をシンプルにお伝えします~

AzureFunctions のアプリケーション設定

Functions のアプリケーション設定

 
Functions の動作に影響する、アプリケーション設定というものがあります。
Functions を使用している方は、必ず一読ください。
 
Functions のアプリケーション設定

docs.microsoft.com

 

どんな設定ができるかサンプルを記載します

Functions ランタイムのバージョンを設定する

FUNCTIONS_EXTENSION_VERSION
◇◇ 抜粋 ◇◇
メジャー バージョンのチルダ (例: "~2") は、そのメジャー バージョンの最新バージョンを使用することを意味します。
特定のバージョンにアプリを固定するには、完全なバージョン番号 (例: "2.0.12345") を使用します。
◇◇ 抜粋 ◇◇◇◇
 

タイムゾーンを設定する

WEBSITE_TIME_ZONE
◇◇ 抜粋 ◇◇
関数アプリのタイムゾーンを設定できます
Key OS 値の例
WEBSITE_TIME_ZONE Windows 東部標準時
WEBSITE_TIME_ZONE Linux America/New_York
注意:Linux 従量課金プランでは、現在 WEBSITE_TIME_ZONE はサポートされていません。
◇◇ 抜粋 ◇◇◇◇
 
上記のような注意書きが書いてることもありますので、ご注意ください。
 

Functions 言語ワーカー プロセスの最大数を設定する

FUNCTIONS_WORKER_PROCESS_COUNT
◇◇ 抜粋 ◇◇
言語ワーカー プロセスの最大数を指定します。既定値は 1 です。 許容される最大値は 10 です。 関数呼び出しは、言語ワーカー プロセス間で均等に分散されます。 言語ワーカー プロセスは、FUNCTIONS_WORKER_PROCESS_COUNT によって設定されたカウントに達するまで、10 秒ごとに生成されます。 複数の言語ワーカー プロセスの使用は、スケーリングと同じではありません。
◇◇ 抜粋 ◇◇◇◇
 
 

以上です。