AzurePaaS研究サイト

~理解しずらい情報をシンプルにお伝えします~

AppServiceドメイン購入したがドメイン所有者の検証が完了しない場合の対処方法

ドメイン所有権の検証が完了しないことがある

 
Azure 側では数時間ごとに定期的に、検証依頼がきているものに対して検証処理をしたり TXT レコードを自動的に追加したりしてから、結果を反映させることで、ポータル画面上で自動的に検証完了の状態になります。
 
しかし、何かしらの理由で自動で検証完了になるはずなのに、何時間・何日待ってもポータル画面上で検証完了の状態にならないケースがあります。
 
長い時間待ったのに完了にならない場合は、ユーザ自身で手動で検証を行う方法があるので、以下に紹介します。
 

ドメイン所有権の検証が完了しない場合の対処方法

 
この場合には、公開情報にかかれている方法でドメイン所有権の検証をユーザ自身が手動で実施することが可能です。
 
Azure App Service で TLS/SSL 証明書を追加する > ドメインの所有権を検証する

docs.microsoft.com

===抜粋ここから===
4 種類のドメイン検証方法がサポートされています。
 
App Service - ドメインが同一のサブスクリプション内で既に App Service アプリにマップされている場合に最も便利なオプションです。 この方法は、App Service アプリがドメインの所有権を既に確認済みである事実を利用しています。
ドメイン - Azure から購入した App Service ドメインを確認します。 Azure は確認 TXT レコードを自動的に追加し、プロセスを完了します。
メール - ドメイン管理者に電子メールを送信することによってドメインを確認します。 手順は、オプションを選択したときに提供されます。
手動 - HTML ページ (標準 証明書のみ) または DNS TXT レコードを使用してドメインを確認します。 手順は、オプションを選択したときに提供されます。
===抜粋ここまで===
 
 
 
たとえば、手動で HTML ページをご用意いただく方法にてドメイン所有権の検証を検討してみてください。
 
該当の App Service 証明書の「証明書の構成」から「手順 2 : 確認」をクリックしていただき、「手動による確認」を選択することで、必要な手順が表示されます。
 
手動による確認にてお試しください。
 
以上です。

ご意見・ご要望はこちらへ