AzurePaaS研究サイト

~理解しずらい情報をシンプルにお伝えします~

Azure-AppService/Functions

Functions の関数実行で ApplicationInsights のログがでない場合の原因と解決方法

Functions(関数アプリ)を実行して Application Insights のログを確認した際に、一部のログが出力されていない場合があります。「一部のログが出力されていない」なので、そのこと自体に気づいていない Azure ユーザもいるかもしれません。 一部のログが出…

【2021年版】Azure のプレビュー/GA、SLA、公式サポートが5分でわかる

プレビューとGA プレビュー GA SLA (Service Level Agreement) Azure 公式ドキュメント Azure 公式サポート サポートプランの種類を紹介 Basic プラン(Azure 利用者なら誰でも受けられます) Developer プラン(有償プランの中で一番安価) Standard プラン…

【5分でわかる】AppServiceとFunctionの料金プラン(AppServiceプラン・従量課金・Premium)を理解する

AppService と Functions の料金プラン App Service プラン(AppService と Functions で選べる) Functions の料金プラン 従量課金(サーバーレス)プラン 従量課金プランのメリット 従量課金プランのデメリット Premium プラン Premium プランのポイント …

AppService/Functions の Kuduサイト(SCM) を説明します。

Kudu(SCM)サイト ポータル画面から遷移(ブラウザ) URL で直接遷移(ブラウザ) Kudu(SCM)サイトでできることを紹介 コンソールでフォルダ/ファイルを操作できる(一番よく使う) アプリケーションがデプロイ(配置)される場所 デプロイ端末は Kudu(…

AppService(Windows,Linux)のJavaバージョンとJavaマイナーバージョンの指定・自動更新・固定化をまとめた

WebApp(Windows) の Javaバージョン・Javaマイナーバージョンについて WebAppforLinux の Javaバージョンについて ポータル画面から選択できないバージョンに設定できる方法 ポータル画面で選択できないバージョンの設定方法 Javaバージョンの確認方法 App…

Azureサービス稼働状況とユーザアプリケーション稼働状況の確認機能(正常性チェック・リソース正常性)

正常性チェック 正常性チェックとは、Azure内部で何をしているのか より有効活用する方法 インスタンスがアイドル状態になるだけで異常状態と判定される? リソース正常性 より有効活用する方法 Azure 環境が正常稼働しているか確認できるサイトがあります …

ストレージアカウントを特定のAppService/Functionsからのみアクセスさせたい

ストレージアカウントへのアクセスを制限する方法 1.パブリック送信IPでアクセス制限する デメリット:AppService/Functions のパブリックな送信IPも変更される可能性はある Functions の従量課金プランで IP アドレス制限ができるのか 2.ストレージアカ…

Azure PaaS のリソースグループを理解する

Azure では、リソースグループというものがあって、作成したリソースをいずれかのリソースグループに登録する必要があります。 以下のように、複数のリソースがグルーピングされます。 リソースグループはサブスクリプションの中に複数存在するもので、App S…

AppService/Functions のスロット(スワップ)機能とは(本番環境をダウンタイムなしで切り替える)

スロット(スワップ)機能 「本番環境をダウンタイムなしで切り替えられる」というメリット 利用者がアプリケーションを使っている最中にスワップしたらどうなるのか スロット(スワップ)機能 よくやられていると思われる例で、スロット(スワップ)機能を…

SNAT ポート枯渇とは? 解決方法を説明します。

SNAT ポートを意識する場面はどういう時か SNAT ポート枯渇とは SNAT 枯渇エラー発生時の解決方法(知られてない情報です) 接続プールを使用するように、アプリケーションコードを改良する方法 参考サイト 公開情報 海外サイト Microsoft の方の記事 SNAT …

【LinuxOS】kuduサイトでファイルをドラッグアンドドロップできない場合の回避法

AppService/関数アプリの Linux 環境に exe ファイルをアップロードする方法 構成 -> アプリケーション設定 の WEBSITE_RUN_FROM_PACKAGE は、Zipファイルとしてデプロイした場合、ポータル上でソースコードなどを変更できないように制御するためのものです…

【WindowsOS】AppServiceプランの外部ストレージと内部ストレージを理解する

外部ストレージ領域とは 以下の場所を指します。 d:\home 主に、ログが出力されたり、アプリケーションがデプロイされる場所(D:\home\site\wwwroot)あたりのことを指します。 アプリケーション処理でファイル入出力する場合は、こちらの外部ストレージ領域…

短期間にスケールアップ/ダウンで事象改善・送信IP変更ができる

スケールアップ/ダウンを行うと何が起こるかを理解する スケールアップ/ダウンを行ってインスタンスを変更すると・・・ ● アプリケーションが動作している(WebWorker で使用している)インスタンスが変更されます ● アプリケーションから通信を送出する際の…

AppService/Functions のアプリケーション設定

AppService/Functions のアプリケーション設定とは AppService/Functions の動作に影響する、アプリケーション設定(構成メニュー内に)というものがあります。WindowsOS でいうと、環境変数のイメージです。 Azure側で既に定義されているものもありますが、…

AzureのPHPバージョン5.6のサポート終了時期についてまとめた

PHP バージョン 5.6 の終了時期について 拡張サポート完全終了後、どうなるのか? サポート完全終了後も PHP 5.6 を使う方法 最後に大事な注意点(Windows 利用の方へ・・・) PHP バージョン 5.6 の終了時期について PHP 側の 5.6 系のセキュリティサポート…

Microosft Azure の用語を覚えよう(基礎編)

サブスクリプション、リソースグループ、リージョン、料金プラン、App Service プラン、従量課金制、Application Insights、Kudu、インスタンス、スケールアップ、スケールアウト

AzureAppServiceやFunctionでのアクセス制限の方法を説明します。

AzureAppServiceやFunctionでのアクセス制限の方法を説明します。 IPアドレスや仮想ネットワークを指定して、許可や拒否の設定ができます。 動画にもしました。見てみてください。 youtu.be

Azure(クラウドサービス)を使うならリトライ処理が必須と理解した

リトライ処理 たとえば、アプリケーションでエラーが出たことは、アプリケーションを見ないとわからない。 Azure サポートに問い合わせをしても、 ● メンテナンスの有無(メンテナンスと言っても多岐に渡るので、問い合わせをしても、割と明確にいつどのよう…

受信/送信IPアドレスの違いと固定IPアドレス方法について理解する

受信 IP と送信 IP の違いを理解する Azure 上の通信を行う理解する上で、受信 IP アドレス と 送信 IP アドレス の違いを知る必要があります。 受信 IP アドレスとデプロイした App Service は 1 対 1 ではない、と言われて、どういうことか説明できますで…

Azure で SSL 証明書を扱う

Azure で SSL 証明書を購入・設定(バインド)ができます。外部で購入した SSL 証明書も設定できます。

AppService/Functions のマネージドIDとは(ポータルで事前認証を行う)

マネージドIDとは システム割り当て済み ユーザー割り当て済み 「アクセス制御(IAM)」「アクセス制限」と混合しないよう気をつけて下さい マネージドIDとは アプリケーション処理からAzure上のリソース へアクセスする際 言い方を変えると、アプリケーショ…

AppService/Functions のバックアップ機能とは

バックアップ機能とは AppService と Functions にデプロイしたアプリケーションのバックアップができます。 そして、指定のバージョンにリストアすることができます。 以上です。

Storage Account のエラー発生時のトラブルシューティングがわかる

※記事書き途中です Microsoft Azure Storage の監視、診断、およびトラブルシューティング > クライアントが HTTP 403 (許可されていません) のメッセージを受け取る docs.microsoft.com HTTP 403 エラーは、ストレージ アカウントの診断ログでエラー原因を…

Azure のメンテナンスはいつ行われるのか・行われるとどうなるのかを理解する

Azure のメンテンスとは・・・ Azure の各サービスは、日本だと東日本と西日本にあるデータセンターの中に、大量のサーバが設置されていて、そのサーバの中の仮想環境で構築・動作されています。 たとえば、App Service 上にアプリをデプロイして動作させま…

アプリはAppServiceプランのストレージに保存されていてStorageAccountに保存されてるわけではない

いきなり、重要ポイントです。 AppServiceプランを作ると、AppServiceプラン用のストレージが確保されます。アプリをデプロイすると、AppService を作成した際に選択した AppServiceプラン のストレージにデプロイされます。 AppServiceプランのストレージサ…

Azure PaaS の Application Insights を理解する

Application Insights とは 何のために使うのか・何ができるのか 具体的な利用イメージ メトリックとは Application Insights とは 以下のログ情報を元に、「データ分析」「アプリケーションの状況把握」ができる機能です。 ● Application Insights を有効に…

仮想ネットワーク・サービス/プライベートエンドポイント・Vnet統合を理解する

(記事作成中です) 仮想ネットワーク・サービスエンドポイント・プライベートエンドポイント・Vnet統合が誰でもわかるページ

Azure の PaaS サービスを覚えよう(アプリケーション関連)

「App Serivces」「Function App」をはじめ、Azure の代表的なサービスについて、実際の Azure Portal の画面キャプチャを使いながら紹介します。 公開情報からは中々読み取れない情報も書いてます。

Azure の PaaS サービスを覚えよう(ネットワーク関連)

Application Gateways、API Management、Front Doors、Express Route、App Service Environment、Cache for Redis

再起動すれば 500 エラーが直る時に有効な Auto Healing 機能

App Services で 500 エラーになる対処方法 Web アプリケーションを運用している時に、作成したアプリケーションコードのエラーハンドリング不足などの原因で、Web サーバーが 500 エラーを立て続けに吐くことがあるけれど、Web サーバーや Worker Process …